2015/05/14 (2016/04/07更新)  いびきの原因と対策

いびきの原因は一つじゃない!?自分のタイプを知ることが改善への近道

いびきの原因は一つじゃない!?自分のタイプを知ることが改善への近道

いびきの正体、それは狭くなった気道を空気が通る時に喉の粘膜などが振動してしまう現象です。ポイントは「気道(上気道)が狭くなる」こと。なぜ上気道が狭くなってしまうのでしょうか。3つの観点から自分がどのタイプなのか見てみましょう。当てはまるのは一つとは限りません。いびきにはその人の癖や体質など複合的な原因が影響しています。

日頃の癖によるいびき原因

  • 仰向けの寝姿勢
  • 仰向けに寝ると舌が喉の奥に落ち込みやすくなるため上気道を塞ぎがちになります。このタイプのいびきを防ぐもっとも簡単で有効な方法は、横向きに寝ること。しかし、仰向きで寝るのが癖になっている人は、枕の左右どちらかの下にタオルなどを入れて枕自体を斜めに傾けてみると、身体が斜めになり空気の通りが改善することも。

    詳細記事:いびきは寝姿勢で変わる。仰向け寝ではなく、横向き寝で改善を。


  • 口呼吸
  • 口を大きく空けて寝る癖のある人はいびきをかきやすいと言われています。これは口を開けた状態だと上気道が狭まりやすいため。いびきが悪化して睡眠時無呼吸症候群になっている患者の多くは口呼吸であるという統計が出ています。朝起きた時に口の中や喉がカラカラに乾いている人は注意が必要です。

    詳細記事:口呼吸から鼻呼吸にして、いびきを改善したい


  • バンザイの寝姿勢
  • 腕を上に上げて寝る姿勢は、空気の通り道を狭めてしまうので、いびきをかきやすくなります。枕が高すぎる場合も喉を圧迫して上気道が狭くなりがちなので、空気の通りがよくなる様寝る時の姿勢を調整することが大切です。

  • 喫煙
  • 継続的にタバコを吸っている人は喉や気道周辺が荒れて慢性的な炎症を起こしている状態だと言われます。喫煙者は非喫煙者よりもいびきをかく確率が倍以上。さらに深刻な睡眠時無呼吸症候群になるリスクも飛躍的に高まります。

体質によるいびき原因

  • 肥満傾向
  • 首や喉の周辺や舌そのものに余分な脂肪がついているために空気が通る上気道を狭めています。睡眠中、本人は呼吸をしているつもりでも、空気が上手く通らず大きな振動音(いびき)となってしまいます。

    詳細記事:病気の原因にも!?「肥満」が引き起こすいびきの怖さ


  • 鼻の病気
  • 鼻炎やアレルギーなどの鼻の病気があると、鼻の空気の通りが悪い状態での呼吸となり、鼻の粘膜部分が振動してしまい、いびきの原因になります。

    詳細記事:鼻いびきは、根本の原因となる「鼻」の疾患の改善と生活習慣で対策


  • 鼻筋がまっすぐでない人
  • 鼻で吸う空気の通りが悪い場合もいびきを誘発します。鼻の空気の通り道が狭くなっているといわゆる“鼻いびき”の原因になります。鼻づまりが気になる方は一度耳鼻科の意思に相談してみるといいでしょう。

  • 年齢
  • 人は年齢とともに舌を支える筋肉やのど周辺の筋肉が弱くなってくるため、上気道が狭められていびきをかきやすくなります。

    詳細記事:年齢とともに増えるいびきの悩み、その原因は?

体調によるいびき原因

  • 疲れている時
  • 人の体は疲れていると回復の為により多くの酸素を必要とします。そのため普段は鼻呼吸で寝ている人も無意識により多くの酸素を取り入れようと口で呼吸をするようになります。疲労によって睡眠中筋肉が緩み、上気道が狭くなっているところに大量の空気が通ろうとするため、抵抗が大きくなりいびきが発生しやすくなるのです。

  • ストレスがたまっている時
  • ストレスがたまって、心が疲れている時もいびきをかきやすくなると言われています。ストレスが原因で上気道周辺の粘膜が乾燥してしまうなど普段にはない変化が起こり、喉が振動しやすくなるためだと言われています。

    詳細記事:なぜ、ストレスがいびきの原因になるのか?影響する2つのこと


  • お酒を飲んだ時
  • アルコールを摂ると体が一種の疲労状態となり睡眠時の筋肉の緩みが大きくなります。 その結果、気道が狭くなっているところに体を回復させようと口呼吸で大量の空気を吸ってしまうため、抵抗が起こっていびきが発生しやすくなります。その他、アルコールが原因で脳の呼吸中枢が通常通り機能しないこと、血管が拡張して血液循環が変化することも、いびきが起こる要因と考えられています。

    詳細記事:普段は無縁の自分がお酒を飲むとなぜ?「いびき」を起こす“アルコールといびきの関係”



当てはまるものがありましたか?この他「寝室環境が悪影響を与えている」場合もあります。
いびきを引き起こしている原因によって、対策も変わってきます。放置すると眠りの質が低下して慢性疲労の原因になることがあるいびき。重度の症状になると睡眠時無呼吸症候群など危険な体調に陥る可能性もあります。自分自身の原因を知りながら、対策を講じていくことが大切です。


いびきの原因に内側からアプローチするサプリメント
しずかなおやすみ:特許取得技術の活性化コエンザイムQ10配合。
毎月300名様限定、初回半額以下!

商品詳細を見る

この記事をシェアする

ページTOPへ